メニュー

ユア動物病院ブログ | ユア動物病院|神戸市垂水区|犬・猫・ウサギ・フェレットなどの診療

078-798-5570

ご予約専用フォームはこちら

ユア動物病院

友だち追加

078-798-5570

ご予約専用フォーム

ちょっと真面目なお話 その2

作成日:2018年03月27日(火)

こんにちは。

花粉症がひと段落し、ほっとしている毎日です。

しかし今年の桜は散るのが早かったですねぇ~。

花見酒、飲み損ねたなぁ・・・ ( ;∀;)

 

 

さて今回は、前回に引き続き動物取扱責任者研修会の中から

神戸市が行っている外来種対策のお話です。

外来種 というのは❝元々そこにいなかったのに

人間が持ち込んじゃった生き物❞のことです。

有名どころ

  アカミミガメ   アメリカザリガニ

  animal midorigame    1240

 

まぁええやん と思う方もおられると思いますが、

新しい奴が来るということは、当然、もともと

そこに住んでいた生き物と争いが起きることがあるわけで

その結果、元々いたやつが絶滅の危機に!

というのはよくある話です。 

外来種が攻撃的だったり、毒をもっていたりすると

私たちにとっても脅威となり得ます。

なので神戸市、頑張って対策してくれています。

 

神戸市に定着している外来種動物はアライグマ・アカミミガメ・

ヌートリアなどいろいろいますが、特にアライグマは見た目は可愛いですが

けっこう凶暴なところもあり、農作物をめちゃくちゃ荒らします。

       yjimage

なので、捕獲されていますが捕獲頭数は年々増えていて、

去年は年間1200頭を超えたそうです。

すごい数ですよね。

これも元々はペット―ブームで輸入されたものが脱走・放逐した結果

というのは有名な話です。

 

こんな悲しいことが今後も続かないよう、

販売者は、

・販売までの飼育管理を徹底すること

・購入者に種の特性をきちんと説明し、終生飼育の徹底を呼びかける

(つまり寿命までしっかり飼うように指導してね ってことです)  

ように講義を受けました。

 

私達、購入者側も、珍しい動物を飼いたいな と思ったときには、

❝ちゃんと飼ってあげれるのかな?❞ とよく考えなあきませんよね。

販売者側も売れなければむやみに輸入しないでしょうし。

 

珍しい動物だけでなく一般的な動物を飼うときも、

飼うためには何が必要でどれ位お金がかかり、どの位のサイズまで成長し、

何年くらい生きるのか、性質の特徴は、声の大きさは、匂いは・・・など

予め知っておいたほうが、同居生活がスムーズにいきやすいです。

 

長々と書きましたが、動物たちと長く幸せに暮らすために、

又、その飼い主さん達をサポートするために

まだまだ勉強せねばならないことは多いな と実感した研修会でした。

     yjimage

 

 

4月に入り狂犬病ワクチン接種のシーズンになりました。

今年から、市の手続き制度が変更になったため、

済票のお渡しにお時間を頂いております。

ご迷惑をおかけしますがご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

      yjimage 2

 

 

               獣医師  牧田

 

 

 

 

ちょっと真面目なお話 その1

作成日:2018年03月25日(日)

時々肌寒さを感じる中にも、日に日に春めいてきていますね。

花粉症さえなければ、本当にこの季節は最高です。

目の痒みと鼻詰まりに悩まされながら、少しずつ膨らんでいる桜の蕾を横目に

いつ頃お花見に行けるかなあ とワクワクしています。

          s flower5626

 

それはさておき、先日、『神戸市動物取扱責任者研修会』に参加してきました。

動物取扱責任者とは、私達動物病院だけでなく動物を取り扱うほぼすべての業種において、

各事業所に最低一人置くように定められているものです。

その責任者が、毎年1回必ず受けなくてはならないのがこの研修です。

      yjimage 2  yjimage 3 

その中から一部抜粋して、今回はちょっと真面目なお話を2回にわたって

お知らせしようと思います。

 

 

皆さんは、万一、大きな災害が起きた時の避難先は確認されていますか?

お水や非常食など、日々の備えをされている方も多いかと思います。

ペットオーナーさんにとっては更にペットのための準備も必要になってきます。

                             saigai hozonsyoku

日本は動物救護に関して後進国で、以前は救助ヘリに動物は乗せれない規則に

なっていたそうで、動物たちは基本、置き去りにするしかありませんでした。

この為、飼い主さんが現場に戻って二次災害に巻き込まれることもあったそうです。

 

人間とペットの距離が更に縮まり、❝家族❞になってきた昨今、ペットを置いていくならば

救助を拒否する飼い主さんや、置き去りにしたことによる精神的苦痛からその後の生活に

支障をきたす飼い主さんも居られたことなどから、円滑かつ迅速な救助のためにも

ペットも一緒に救助するという形に変わってきているそうです。

飼い主さんにとっては喜ばしい限りです。

 

因みにこの時映っていたスライドには、洗濯ネットに入って救護隊員さんに抱えられた

猫の写真が映っていました。パニックによる逃亡防止と隊員さんの怪我の防止にも

有効だそうで、猫ちゃんの飼い主さんは避難グッズの中に

一枚加えておくと便利かもしれません。

 

只、次に問題になってくるのは避難所での生活です。

多くのペットが1ヶ所に集まってくる訳ですから、当然、感染症をもらうリスクが上がります。

又、避難所側が受入れ態勢をとっていても、飼い主側が毛・匂い・鳴き声・攻撃性などで

遠慮してしまい車中泊を続けた結果、エコノミー症候群のリスクが上がった

という話もあるようです。

            yjimage 6

災害時の動物救護の必要性は徐々に浸透しつつありますが、いざというときに

社会に受け入れてもらえるよう❝日々の躾と、病気の予防(ワクチン接種と駆虫薬の常時使用)

が大切❞なのだなぁ と、この話を聞いて再認識しました。

 

 

もうすぐ狂犬病やフィラリア予防のシーズンがやってきます。

ノミ・マダニも含めてしっかり予防してあげて、

一緒にお花見やピクニックを楽しみたいですね!(^^)!

        yjimage 4yjimage 1

                        

                      獣医師   牧田